印鑑のトラブルに遭わないために

  • RSS

印鑑の怖い話と聞いてもあまりピンとくるものではありませんが、印鑑も使い方を間違えると思ってもいないトラブルが発生することもあります。
例えば、認印と実印ですが、実印で押していないから大丈夫だと勘違いしている方が少なからずいます。
印鑑というのは、認印であっても実印であっても、本人が捺印したと証明されれば法律上の効力は同じですので、認印だからといって気軽に押してしまうと、後悔することになるかもしれませんので、注意が必要となるでしょう。

他にも、捨て印を気軽に押してはいけないということをご存じでしょうか。
捨て印には、この書類に不備があった場合、本人の承諾を得ず修正しても構いませんという意味があります。
そのため、あまり信用できない書類に捨て印を押してしまうと、とんでもない書類が出来上がってしまうことがありますので、捨て印も気軽に押すことのないようにした方がいいでしょう。

さらに、古い預金通帳をお持ちの方はすぐに処分することをおすすめします。
なぜなら、昔の預金通帳には副印が押してありますが、この通帳が盗難に遭ってしまうと、その副印で偽造印鑑を作り、財産が危険にさらされてしまいます。
家に保管しているから大丈夫と安心せず、被害に遭う前に処分する方がいいでしょう。

そして、はんこ供養をしている方というのは最近あまり見かけませんが、象牙や黒水牛など、生き物からいただいているものなので、使わなくなったらきちんと供養してあげる方がいいでしょう。
印鑑屋さんによっては、無料ではんこ供養してくれるところもありますので、利用してみるといいでしょう。

このページの先頭へ