万能印は怖い印鑑?

  • RSS

印鑑と聞くと、認印や銀行印そして実印などが思い浮かびますが、それらの役目を1本の印鑑で出来るとしたら、どれだけ便利なことかと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。
しかし、印鑑の国である日本には万能印という印鑑が存在することをご存じの方は少ないかもしれません。
万能印と聞くと、どのような印鑑なのか想像できると思いますが、そんな印鑑があるわけないという否定的な考えをする人もいるでしょうが、万能印を使う人は限られているものの、実際に存在する印鑑なのです。

万能印と検索すると、印影のイメージなどを見ることができますが、見ての通り、何て書いてあるのか読むことが不可能な印影を持つ印鑑で、使い方も万能印という名前の通り、書類の代書をする際に捺印する場所があっても本人の印鑑がないという時に使われるのです。
例えば、佐藤さんという苗字の人に山田の認印が押してあれば認められませんが、そこに万能印が押されているとしたら、読むことは不可能ですが認印として押してあるので佐藤さんが捺印したものだと判断されるのです。
そんな怖い印鑑があってもいいのだろうかと思うのですが、万能印を使っている人というのは、職業で「先生」と呼ばれる人が使っているため、悪用される心配はあまりないと言われています。

しかし、万能印に似た印鑑が販売されているということも事実です。
その場で必要な印鑑が作成できてしまうもので、法令書式センターが販売しているので、気になる方はそちらを検索してみるといいでしょう。
こうしたものが一般的に売られているということを考えると、印鑑を使い分けなくても、名前だけ書いておけばいいのではないかという考え方になってしまう人が増えてしまうのではないでしょうか。

このページの先頭へ